ハタラッコ

「できない」ではなく、「どうしたらできるか」を考える

西村 晃人(にしむら あきひと)

「できない」ではなく、「どうしたらできるか」を考える

2020/10/2

キチナン選考を受けて、どんな気づきを得られましたか?

吉南の選考は全部で5回あり、期間も1ヶ月と長いので会社の事をよく知る事ができ、実際に入社した後とのギャップが少ないのがいいなと思います。

この会社に決めた理由は?

就活をする上で勤務地や働き方などの条件はありましたが、最大の決め手は、選考を通して沢山の社員の方々に会って話をした中で、社員同士の仲の良さや仕事に対する前向きな姿勢が伝わってきて、そんな方々と一緒に働きたいと感じたことです。

仕事をする上で心がけていること

 

どんな仕事をする時でも常に考えることを意識しています。今は現場で働いていて、1週間同じ作業を作業をすることもあります。その中で「どうしたらより早く作業ができるようになるか」や「効率良く仕事をするにはどうすればいいか」を考えながら作業をしています。

大変だと感じることは?またその時はどう対処していますか?

最初はどうしても、色々と覚えることが多く、また作業中だとメモを見ることもできないので、全て暗記しないといけないのが、入社当初は1番大変だなと感じました。仕事を全て覚えていないうちは、何か分からないことや不安なことがあれば先輩に必ず質問するようにして対処していました。周りが忙しそうな時は質問しづらいとか、怒られたらどうしようなどと考えることもありますが、それでも聞くことは大事だと思います。

学生さんへのメッセージ

何でもいいので、沢山経験することが大事だと思います。社会人になると自由な時間が少なくなります。時間に余裕のある学生の間に、学校とアルバイトの往復だけではもったいないです。旅行に行ったりボランティアに参加するなど、最後の学生生活を十分に楽しんでください。

TOP