株式会社豆子郎

創意工夫で生み出すおくりもの 豆子郎

テーマごとの記事を見る

事業内容

【和菓子製造販売】

●商品の製造・出荷/販売
●商品・演出企画開発

 

創業者の想いとこれからの豆子郎

商いのはじまり

満州鉄道の技術者であった創業者田原美介は材料となる食料がない時代、農家である実家からもらった米ぬかと統制品の少量の砂糖、そして配給された少量の小麦粉をつなぎにして「ぬかぱん」を作ったところ飛ぶように売れ、家族総出の商いがスタートしました。

豆子郎の誕生

今まで食べたことがないほど美味しくて新しい外郎を作ろうと、寝食を忘れて菓子づくりに没頭する創業者の姿に、「そんなに美味しいものをつくりたいのなら」と、山口の外郎づくりの創始者、福田屋さんのご主人が、代々継承されてきた技術とともに外郎づくりの秘法を教えてくださいました。

その後、ご恩返しをせねばという一心で外郎づくりを学びましたが、山口の外郎づくりでは福田屋さんの右に出るものはない。だから、外郎とは一線を画した物をつくらなければオンリーワンにはなれないと考え、気が遠くなるほどの試作を重ねた末、豆子郎が誕生したのです。

豆子郎の名前の由来

「豆子郎」という名前は、父が国鉄のエンジニアで、菓子づくりにおいては「ずぶのしろうと」、昔はしろうとさんのことを「とうしろうさん」と言ったので、その音に大納言の「豆」、外郎の「郎」、そして外郎からうまれた「子」の文字を当て、名付けました。

これからの豆子郎

これから必ずAIの時代がやってきますが、だからこそ豆子郎は人の強みを生かす企業として、人にしかできない心のこもったおもてなしを続けていきます。
創業者の精神及びその精神から生まれた理念を継承し、これからもお菓子の美味しさと質の良さを追求しながら、あくまで基本に忠実に、けれども現状に留まらず常に創意工夫を重ね、時代に合った方法でお客様の喜びと幸せに貢献していきます。

【味一筋】を貫き72年  私たちの美味しさへのこだわり
豆子郎は、【味一筋】の会社です。
美味しさ=素材のよさ、を
最大限に引き出すようその日の湿度や温度、
日々の小さな変化に合わせて
毎日ベストなお菓子を提供することに
とことんこだわっています。

「県外から豆子郎を購入するために
山口まで足を運んでくださるお客さま」
「出来たてをお土産に渡したい!と
朝6時に購入に来てくださるお客さま」

求めて下さるお客さまに
どうしたら喜んでいただけるか。

賞味期限が3日しか持たないとしても
素材本来の美味しさを優先して
最高の鮮度でお客さまに提供しています。
これが私たちの商品へのこだわりと誇りです。
お客さま一人ひとりに寄り添う  マニュアルではない【おもてなし】の心
豆子郎の接客にマニュアルはありません。
お客さま一人ひとりにご来店くださった
想いや理由があり、その想いに柔軟に対応していく
【おもてなし】の心を大切にしています。

いつでも、どこでも、誰でも受けられる
【サービス】ではなく、
今だけ、ここだけ、あなただけの
【おもてなし】で喜んでいただけるよう
日々一回一回の接客に真心で向き合っています。

日本人が大切にしてきた心の文化を
未来に守りつなげ、和菓子を通して
山口から日本の発展を創り上げていく。

そんな一端を担う存在になりませんか?
スタッフ一人ひとりの個性を大切に 山口でオンリーワンの企業を築く喜び
豆子郎は下は10代、上は80代まで
多種多様なスタッフが一人ひとりの価値観を
大切にしながら1つの家族のように働いています。

スタッフ一人ひとりが個性を活かしつつも
自分の仕事だけにこだわるのではなく、
誰かが困っているときには
部署を超えて助け合う文化があります。

一人での成功ではなくチームでの成功、
「一人の百歩よりも百人の一歩」を常に考える
チームワークを大切にしながら
地元山口に貢献し続ける
オンリーワンの企業を目指しています。

会社概要

会社名
株式会社豆子郎
業種
和菓子製造販売  ●商品の製造・出荷/販売  ●商品・演出企画開発
社員数
102名(平成30年4月1日現在)
所在地
山口市大内御堀一丁目1番3号
電話番号
083-922-5655
MAIL
saiyou@toushirou.info
URL
https://toushirou.info/