株式会社田村ビルズ

株式会社田村ビルズ 企業ブログ

【タムログ Vol.17】職人魂

2020/12/11

みなさんこんにちは、16歳で身長が止まってしまった吉岡です😦

1日1リットルの牛乳を小学生からず~~~っと飲んでいましたが、効果は得られておりません。ただ、何度交通事故に遭っても、ジャングルジムから落ちても、一度も骨折したことが無いのは牛乳のお陰だと思っています。

骨密度バンザイ!!!👍

 

そんな私の個人的な話にはなりますが、先日、会社の同僚と萩散策に行ってきました!県内とはいえあまり行ったことがなく、改めて山口県の魅力を知る、いい時間でした😂✨

 

福岡を出て早5年、まだまだ山口県について知らないことはたくさんあるな〜と感じながらぶらぶらと。せっかくなので、着物を着て城下町を楽しみました👘

 

 

一応、左がわたくしでございます・・・聞いてねぇよ!!!!というツッコミが聞こえてきそうですが、大きな心で受け止めて下さい。萩っぽい写真がこれしかなかったもので・・・。

やっぱり、ブログも文字ばっかりじゃつまらないじゃないですか!?!?!?!?!?

 

 

という事で(どういう事)、今日は足場事業部について取り上げたいと思います👏

 

意外と新卒採用の場面で触れる機会が少なかったので、この機会にみなさんにも多くの事業内容について知っていただきたいなと思っています😎

 

私も元々不動産事業部で営業をしていた経験から、不動産事業部についてはある程度理解はあったのですが、足場の仕事に関しては本当に知らない事ばかりだったんです。

そんなとき、今年の6月から営業のサポート的な立場で足場事業部での業務も任せていただけることとなり、本当に毎日学ぶことばかりです!

 

そもそも、営業の人たちが毎日どんな仕事をしているのか、お客様や職人さんたちとどのような仕事の進め方をしているのか、基本的な知識もなく右も左も分からない状態でした。

 

初めて、現場に行って職人さんが足場を組み立てているところを見た時は、ただただ感動したのを覚えています。転落防止用の安全帯を付けているとはいえ、足場の部材を担ぎながら体一つでどんどん上に登っていく姿は、率直に「かっこいい!!!!」の一言で、職人魂のようなものを見させてもらった気分でした。

 

 

ー 施工中の現場の様子 ー

 

写真のような一軒家はもちろん、高層ビルやマンションにも職人さんたちは命を懸けて登ってくださいます。

お客様の要望に応えることはもちろんなのですが、なにより〝安全〟が一番なのだと思います。だからこそ、営業の人たちがしっかりと足場を組む前の準備や事前の調査をし、綿密な打ち合わせを行っているのだと知ることが出来ました。

 

そして、質の良い足場をお客様に提案できるよう、社員全員が知識の向上に努めています!

全員で施工した現場に足を運び、不安定な場所はないか、依頼通りの施工になっているかの確認をしたり、実際に自分たちで組んでみながら勉強会をしたり。

 

ー 月に一度の勉強会の様子 ー

 

家を建てたり、リフォームをしたりと高所作業が必要な時に活躍する足場。

作業性はもちろんですが、使用する人の命を守るために、職人さんも命を懸けて組み立てていく。本当に素晴らしい仕事だと思います!

 

そんな仕事だからこそ、少しの妥協も許すことなく、営業の社員も毎日ド真剣に仕事に打ち込んでいるのです。

 

ー 入社4年目 西村さん(営業)ー

 

 

今日は一部の紹介になってしまいましたが、これからも私たちの事業やどんな人たちが働いているのか、どんな思いを持って仕事をしているのか、みなさんにお届けしたいと思います(●^o^●)

 

 

いつも、タムログを読んでくださっているみなさま、本当にありがとうございます🙇

こんなことが知りたい!見てみたい!などの要望があれば、ぜひお聞かせください!!!私に記事のネタをください!!笑